痩せやすいのは生理何日目?前と後でダイエットや運動効果の違いが!

公開日:  最終更新日:2016/09/05

ダイエットするなら生理中がいいとか生理後がいいとか、実際どうなの?と、ちゃんと理解しないままダイエットしても効率が悪いだけでなく、リバウンドなどの逆効果です。
そこで、女性ならではの生理周期とダイエットの関係を上手に知って、効率よく痩せる方法をご紹介します!

スポンサードリンク

痩せやすいのは生理何日目?

痩せやすいのは生理何日目なんでしょう。その前に、生理周期をしっかり把握していますか?

これまで一度も基礎体温を測ったことが無いなら、2、3か月でもいいので一度測ってみて下さい。体温の流れが意識的に体感できるようになりますよ。

生理の周期はこうなってる

では、生理の周期を見てみましょう。生理開始日を1日目とします。日数や周期は個人差があるので、これとまったく同じというわけではありません。目安程度に見て下さいね。

1日目 月経期
2日目  ↓
3日目  ↓ 低温期
4日目  ↓  ↓
5日目  ↓  ↓
6日目  ↓  ↓
7日目     ↓ 卵胞期(エストロゲンが増える)
8日目     ↓  ↓

13日目    ↓
14日目 排卵日
15日目   高温期
16日目    ↓ 黄体期(黄体ホルモンが増える)
17日目    ↓   ↓

27日目    ↓ 体温が下がり始める
28日目    ↓

生理が始まると低体温期が続き、生理が終わってから約1週間後に排卵日があります。
この時はエストロゲン(卵胞ホルモン)が最も増え、体温がガクンと下がります。

排卵が終わったら今度は黄体ホルモンが増え、高温期が続きます。そしてまた生理が始まる前日か2日前くらいから体温が下がり始めます。
つまり、体温が下がり始めると生理が始まるということですね。(妊娠している場合は、この期間に体温が下がらず高温期が続きます。)

まず、この体のリズムをしっかり把握していないと、いつ排卵日かが分かりませんよね?生理周期は人によって違いますし、生理が4日で終わる人もいれば7日続く人もいるわけですから。

なので、まずは自分の生理周期を把握することが大事です。

生理の前と後どっちがダイエット向き?

自分の体の中をイメージしてみてください。

生理が始まると経血が排出されるということは、生理前は体の中に経血を溜めているわけですよね?
経血だけでなく、脂肪や水分を貯めこみやすい体質になっているのもこの時期です。

生理前から生理初期のイライラ、不快感、肌荒れ、やたら甘い物が食べたくなったり暴飲暴食に走ってしまうなんて経験もあるでしょう。
生理前は太ると言われるのもこういったことが原因でもあります。

そして生理が始まると、体内に蓄積された不要物がどんどん排出されるわけです。(実際は不要物というより、役割を果たして不要になったものが経血となって排出されるということですね。)

特別トライアルキャンペーン中!


生理後、体はとてもキレイに軽やかな状態なんですよ。生理が終わってスッキリすることはあると思いますが、それは気分的なものだけでなく、体内もスッキリしているんです。
ホルモンバランスも大きく影響しているので、体調はもちろんお肌の調子が良いのもこの時期です。

生理が終わって高温期に入る前、生理が終わる頃から排卵期までの2週間ほどが最も体調がよく、新陳代謝もよい時期なので、ダイエットに最も向いてる時期といえます。

しかもこの時期はエストロゲン(卵胞ホルモン)と言う女性ホルモンが多く分泌されていて、このホルモンが多い時期は痩せやすいんです。
エストロゲンは排卵日にピークを迎えるので、排卵期を意識するだけで効率よく無理なくダイエットできるということですね。

生理前や生理中に痩せにくい理由

生理前に脂肪や水分を体に溜め込んで、生理中に体をリセットすると考えて下さい。

生理中は痩せやすいと言われる卵胞ホルモン”エストロゲン”が最も少ない時期でもあるので、生理後ほどの効果は期待できません。停滞するのも無理はありませんね。

だからと言って何をやっても無駄というわけではなく、数日後にくる痩せ期に向けての準備期間だということを忘れずに。

また、生理中は特に体を冷やしてはいけないので、冷たいもの、体を冷や物を食べ過ぎないように、積極的に温かい物を摂りましょう。
食材ではレンコンや大根、ショウガなどの根菜は体を温めてくれます。

健康的にダイエット

生理前の豆乳ダイエットは効果あり?

生理後の痩せ期に向けて、生理前にできる準備の一つに豆乳ダイエットがあります。
これは、生理が始まる7日~10日ほど前から豆乳を毎日飲むというダイエット方法です。

なぜ生理前のこの時期がいいかというと、最も効率的に吸収されるホルモンの分泌周期だからなんですね。

豆乳って、腸内での脂肪の吸収を抑えたり、血液中の余分なコレステロールを洗い流してくれる栄養素があるので、生理前の溜め込みやすいこの時期に豆乳を摂取することで、体重や脂肪の増加を抑え、生理後のダイエットを効果的にするというものです。

生理前の体重増加がゼロなら、生理後に減る分だけになるのでトータルで体重減少になりますよね。

これは生理周期を上手に利用した、効率の良いダイエット方法だと思います。
詳しくはこちら⇒生理前豆乳ダイエットの方法。無調整豆乳じゃダメ?成功の秘訣は?

生理中の運動でダイエットに効果があるのは?

生理中は無理な運動をする必要はありません。この時期は、痩せるための運動というより、身体の調子を整えて生理後にベストな体調にするという意味で、リラックス、身体をしっかり休めることに集中するといいですよ。

生理痛や不快感を和らげリラックス効果のあるような体勢、軽いストレッチなどがいいですね。こちらの動画を参考に。

まとめ

女性と生理は切り離せないもの。生理が来ると憂鬱になるかもしれませんが、実は体をキレイにしてくれる大切な時期です。
上手に付き合っていけるよう、自分の体をよく知っておくといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑