幼稚園夏休み明け行きたがらないし泣く。楽しく行くには?

公開日: 

楽しかった夏休みが終わりいよいよ幼稚園が再開!、、、なのに嫌がる子供。どうしたんだろう?何かイヤなことでもあったのかな?あんなに楽しそうだったのに、、、

そんな不安を抱えるママに、休み明けの登園拒否の理由と対策、楽しく通ってくれるようなアイディアをご紹介します!

スポンサードリンク

幼稚園の夏休み明け行きたがらない

実はこれって結構普通だったりします。むしろ、幼稚園児あるあるではないでしょうか。

私の友人の子供で、学校が大好きで休み明けが待ち遠しい!なんて子もいますけど、どちらかと言えば少数派だと思います。

事実、休み明けに泣きながら登園してくる子、結構いましたよ。週末明けの月曜日も同じです。

幼稚園に行きたくない理由は?

先生が怖い、お友達がイヤ、幼稚園そのものが嫌い、、、なんてことではなく、ただ家にいたい=ママと一緒にいたいという理由が多いです。

夏休みずーっとママと一緒に過ごしてたのに、いきなり幼稚園で離ればなれ。みんな知ってるお友達で先生も1学期と同じとはいえ、長期間会ってなければ子供なりによそよそしくなります。

で、行ったらすぐに遊び始めるのが子供なんですけどね。

大人だって長期休み明けは会社い行くのが憂鬱だったりしますよね。同じようなもんです。子供は子供なりに生活の変化や行かなければならない現実に直面して辛くなってるんです

うちの子は本当に幼稚園が嫌いで、夏休み明けに限らず毎日毎日「あと何回行ったら休み?」と聞いてましたよ。幼稚園ではものすごく楽しそうにお友達と遊んでるんですけどね。それとこれとは別みたいです。(笑)

幼稚園の夏休み明けに泣く

泣くからと言って休ませていれば、いつまで経っても行ってくれません。別に家にいても困らないならそれでいいですけど、行ってくれないとママも困る(笑)。

スポンサードリンク

ならば大泣きしようが号泣しようが、可哀想だけど無理やり連れて行くしかありません。

最初の数日は泣き、嫌でも行かないいけないと察し、嫌々ながらも素直に行き、日課のように登園するようになるんです(笑)

でも、そんなに意地にならないで。今日はママも用事は無いし、家にいてもいいかな、という状況なら”休む”という選択肢もあるんですよ。私もそうやって休ませたこともあります。なんだか可哀想になって。

まだたかが3歳、4歳。幼稚園の休み明けに行けなかったからといって社会人失格になるわけでもなく、将来が変わるわけでもありません。

一日休ませて甘えさせてあげるのもいいと私は思います。それで気が晴れて翌日は行く気になってくれるかも知れませんしね。

幼稚園に楽しく行くにはどうしたらいい?

楽しかった幼稚園の出来事を、お子さんと一緒に思い出して話してみましょう。

「幼稚園にはジャングルジムがあったね。」「○○先生は歌を歌ってくれるね。」「お弁当に大好きな卵焼き入れようか。」など、ワクワクさせてあげることです。

「幼稚園から帰ってきたら○○しよう!」と、行って帰ってきたら楽しみが待ってるよ!という希望を持たせてあげるのも手です。

登園の道中に何か楽しいことがあるなら、「今日は○○さんとこのワンちゃんいるかなー。」とか、「帰り道に○○公園に寄って遊んで帰ろう。」とかね。

といううちは、幼稚園に行ったらアイス買ってあげるという約束をしてました。物で吊るのは良くないですよね(笑)。

まとめ

休み明けに子供が幼稚園に行きたがらないからと言って心配はいりません。そのうち慣れてくれるでしょうし、こういうものだと思ってやり過ごしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑