妊娠して産婦人科の初診の服装は?タイツはOK?診察料金は?

公開日: 

妊娠した!?産婦人科にいざ受診!・・・とはいえ、一体どんな服装で行けばいいの?ワンピースやズボン、何でもいいの?冬は寒いしタイツ履いていてもいい?

ドキドキ分からないことだらけですよね。そんなあなたに!妊娠して最初の産婦人科(または助産院)に診察に行くときの服装や、初診費用、持ち物などをまとめました。

スポンサードリンク

妊娠で産婦人科の初診時の服装は?

妊娠して最初の診察は、尿検査から始まり血圧、体重チェック、そして医師による内診があります。

内診の時は下半身は全て、下着(パンツ)も脱ぐことになるので、脱ぎやすい服を着ているのが一番です。

恥ずかしいなと不安になるかも知れませんが、これは妊娠したからには避けて通れません。まぁ、先生も毎日何人も診てるので何とも思ってないでしょうし、それよりも、お腹の赤ちゃんが元気に育ってくれるためと思い、割り切りましょう。

ワンピースの場合

ワンピースなら、下からまくりあげるだけでいいので楽なんですが、場合によってはお腹を触って触診したり超音波(エコー)で検査することもあるので、ワンピースだと下からお腹までまくしあげないといけませんよね。

内診の流れでやってもらえるならいいですけど、どうなるか分かりません。不安なら上下分かれた服装にしましょう。

ズボンの場合

ズボンならサッと脱ぐだけでいいですが、ウエストをベルトできつく締め付けたりしないようにしましょう。まだお腹は全然出てないとはいえ、締め付けは血行を悪くするのでよくありません。

診察時のおススメの服装

私のおススメの服装は、

1、上下が別で、下が膝丈くらいのスカート

2、チュニックなど長めのトップス + パンツまたはレギンス

スカートなら下着を脱ぐだけでいいので、診察台に乗るときは何となく隠れますよね。で、お腹を出す必要があるときは、ウエストの辺りからシャツをめくればいいですし。

妊娠の初診の服装でタイツはダメ?

冬場は寒いし妊婦さんは冷えてはいけないので、タイツやレギンスは履きたいですよね。これは好みもあるでしょうが、私はレギンス+靴下という組み合わせが良かったです。

スポンサードリンク

タイツだと足先まで脱ぐことになりますが、レギンスだと靴下は脱がなくていいので、診察中も足が冷えません。

妊娠中の冷え対策はこちら⇒妊娠中の冬の寒さ対策、妊婦の服装と冷えによるお腹の張り

産婦人科での妊娠の診察料金は?

病院によって差がありますが、初回は一般的に5,000円~1万円くらいです。もちろんそれ以上のこともありますが、1万円以内で収まるところが多いようです。

妊娠初診時の持ち物

保険証

妊娠・出産は保険の適用外ですが、受付で提示を求められることもありますし、万が一のために持参しておきましょう。

母子手帳

もし事前に妊娠が確定していて、既に役場(自治体)から貰っているなら持参するといいですね。
もちろん、初診時はまだ持ってなくても大丈夫ですよ。

手帳と筆記用具

次の検診日の予約や予定、初めて聞いた言葉や分からないことをメモする必要が出てくるかも知れません。スケジュール帳やメモ帳とペンを用紙しておきましょう。

待ち時間用の本など

初診で予約なしで行く場合、待ち時間が予想以上に長くなることもあります。暇つぶしになるような本などを持参しておくといいです。産婦人科の待合室って妊娠関連の本も多いので、それらを読むのも楽しみですけどね。

つわり対策

既につわりが始まっている場合は、待ってる間に気分が悪くなったりするかも知れません。ハンカチやティッシュ、喉元が気持ち悪くなったらすぐに口にできる飴なんかを持っておくといいですね。

初診前に確認しておくこと

最後に生理が始まった日や排卵日などを聞かれますので、確認しておきましょう。
思い出せない場合は仕方ありませんので、そのように答えましょう。

まとめ

これから何度もお世話になる産婦人科ですが、最初は何かと不安になるものです。気になることや医師に質問したいことなどは事前に箇条書きにして診察日に持参しておくといいですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑