子供の免疫力を高める食事と環境、これで風邪やインフル予防!

公開日: 

風邪やインフルエンザ、できれば日頃から予防できる免疫力を付けておきたいですね。

でも、免疫力アップって具体的にどんなものがいいんでしょうか。その理由は?
子供でも免疫力アップできるの?

実は、免疫力を上げるのはそんなに難しいことじゃないんですよ。身近なことからできるんです。
子供の健康管理は親の責任ですもんね。しっかり管理してあげましょう。

スポンサードリンク

子供の免疫力を高める食事とは

子供の免疫力、ウィルスに対する体の抵抗力はは大人より低いです。でも、回復力って凄くないですか?
適切に処置すれば大人ほど長引かず、少しの熱くらいでは遊べてたりしますよね。

ということは、日頃から免疫力を高めておけば、風邪やインフルエンザの予防になるということなので、しっかり食事管理してあげたいですね。

免疫力アップの食事と食材

1、お味噌や納豆などの発酵食品

日本の昔ながらの発酵食品には免疫力を高める酵素がたっぷり。
梅干しやお漬物などの保存食も良いですね。

免疫力を高めるお味噌汁

ただ、添加物の多いものは自然発酵されていなかったりで栄養素が異なってきます。
市販のものに慣れてしまったら手作りしたお味噌が臭く感じるんですが、それが本来の味なんですよ。

なので、買うならできるだけ添加物の入っていない、昔ながらの製法で作られてものにしましょう。

2、季節ごとの食べ物、旬の野菜や果物

野菜や果物は、その土地のその季節に必要なものが出来るようになっています。

例えば、きゅうりやトマトなどの夏野菜は水分が多く、体を冷やします。
ゴボウやレンコンなど冬の根菜は体を温めてくれます。

季節のものを食べるのは、それが旬で美味しいからという理由以外に、健康・体調管理とも深く関わっているんですね。

3、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含むもの

ヘルシーフード

ビタミンAは主に人参やホウレンソウ、カボチャなどの緑黄色野菜やレバー、うなぎなどに多く含まれていて、血管の強化や気管支の粘膜を正常に保つ働きがあります。
また、免疫細胞の働きも活発にしてくれるため、外部からのウィルス侵入を防ぐことが期待できます。

ビタミンCはご存じ、レモンやみかんなど柑橘系を始めとする果物に多く含まれていますね。柿やトマト、ブロックリーにも多いです。
免疫機能、ウイルスに対する抵抗力を高めてくれ、抗酸化作用があります。

ビタミンEは、魚介類や植物油、ピーナッツやアーモンドに多く含まれています。モロヘイヤも一般的になりつつありますね。
体の酸化を防ぎ、血管を保護し血行をよくしてくれます。血行が悪くなると冷えや倦怠感、疲れなどに繋がるのでしっかり摂っておきたいですね。

スポンサードリンク

4、バランスの取れた食事

これらだけを摂っていればいいわけではなく、全体的なバランスが必要なのはお分かりですよね。
炭水化物は運動するためのエネルギーの源、タンパク質は体を作るのに必要な栄養素です。

免疫力アップの献立

定食のような、ご飯とメインのおかずと副菜、お味噌汁、食後のデザートがあれば完璧ですね。とはいえ、子供は和食を嫌がったりするので、カレーやハンバーグに取り入れたりして工夫してみて下さい。

子供の免疫力を低下させない環境づくり

子供の体調管理は親の責任でもあります。食事だけでなく、生活環境も注意してあげましょう。

睡眠時間を充分に

子供には9時間~10時間はとって欲しいですね。特に夜は9時までに就寝するのが理想です。

子供の睡眠時間

夜更かしは翌朝に影響するだけでなく、子供にとって重要な成長ホルモンや脳の働き、集中力などにも関わってきます。

適度な運動

お勉強も大事ですが、体を動かす環境も作ってあげましょう。適度な運動は免疫力をアップします。
学校にいる間はそれなりに動いているでしょうが、家でテレビやゲームばかりで怠惰な時間を過ごしているのはよくありません。

体温を下げ過ぎない

平熱が36度を切る子供が増えたと言います。低体温は様々な病気の原因になります。
日頃から冷たいお茶やジュースを飲んでいると体が冷えてくるので、せめて食事のときは温かいものか常温の飲み物にしましょう。

また、忙し過ぎて交感神経が緊張すると血管が収縮し、血流が悪くなり低体温になることもあります。睡眠不足も原因の一つですね。

ストレスを与えない

何がダメで何がいいかを教えるのは当たり前の躾ですが、ストレスを感じる怒り方や家庭内の不和は子供に不安や不満、ストレスを与えます。
いつも子供が楽しく笑っていられるような環境作りを心がけて下さいね。

風邪の予防と免疫力の関係

免疫力の源はは白血球。その白血球の中にリンパ球があります。
小さい子供は大人の約3倍のリンパ球があると言われ、大人になるに連れて徐々に減っていきます。

リンパ球には免疫力があり、傷ついた細胞を回復する働きがあるんですね。

とはいえ、リンパ球を増やせばいいと言えばそうではなく、増えすぎもよくありません。人間の体ってよくできてるんですね。無理なくバランスよくやっていくのがいいということでしょう。

まとめ

子供の免疫力アップ、個人差もあるでしょうが、しっかり管理してあげることで予防効果は期待できます。
万が一風邪を引いても、重症になることなく回復できるように、日頃から免疫力を高め、体力をしっかり付けられるよう気を付けてあげて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑