赤ちゃんの絶壁は自然に治る?寝かせ方や3ヶ月からの対策

公開日: 

長い妊婦生活が終わり、新米ママは初めての育児にてんやわんやのことでしょう。

かわいい赤ちゃんの寝顔で癒されていると、ふと赤ちゃんの頭の形の変化に気が付きませんか?まさか絶壁!?
生まれた時は丸かったはずの頭がなんで?とビックリすることでしょう。

そんな絶壁の原因や対策をまとめました。大切なのは早い段階での取り組みです。憧れの丸い頭は作れます!

スポンサードリンク

赤ちゃんの絶壁は自然に治るの?

赤ちゃんの絶壁を発見した時はとても心配になりますよね。
寝かせ方に問題があったのじゃないかとか、抱っこする時間が足りなかったせいじゃないかと自分を責めてしまう事もあると思います。

でもあまり心配しないで下さいね。赤ちゃんの頭蓋骨は柔らかく、頭頂部に大泉門という隙間があるので変形しやすいのです。

生まれた時はきれいな丸だった赤ちゃんの頭が絶壁になってしまう事はよくあるんですよ。
吸引分娩で生まれた赤ちゃんは産後暫く頭がとがっていたりするのですが、それも自然に治っていきます。

生後7~8ヶ月までは頭蓋骨もやわらかく赤ちゃんの頭は急成長します。

寝ているだけだった赤ちゃんが、寝返りをうったり、座れるようになってくると頭にかかっていた重みが解消されるので、自然と丸いきれいな頭になってきます。

赤ちゃんの寝かせ方が絶壁の原因?

赤ちゃんはママのお腹の中にいる時から向き癖があるので、いったんついた癖はなかなか治りません。

特に3ヶ月くらいの首のすわっていない赤ちゃんは向きやすい方ばかり向いてしまうので、日常的に頭に負担がかかってしまいます。
首が座ってからも、音や光に反応してそちらの方を向くようになります。

スポンサードリンク

赤ちゃんはママの声の聞こえる方や窓の光の射す方を向くので、いつも同じ場所に寝かせていて向く方向が限定されてくるなんてことになってませんか?

また、お布団より固いベビーカーの座席で長時間過ごす事も赤ちゃんの頭に負担をかけます。早い月齢からベビーカーでよく出掛けていると絶壁になりやすいです。

絶壁は遺伝の場合もありますが、上記のように他のいろいろな原因で絶壁を誘発してしまう事もあるんですね。

赤ちゃんの絶壁3ヶ月からできる対策

絶壁に気が付いた時が治し時です!

今ではいろいろな絶壁対策グッズが市販されています。有名なところではドーナッツ枕がありますが、最近では効果に疑問を持つ方が増えているんですって。
逆に頭が歪んだケースもあるそうなので、全ての赤ちゃんに適しているわけではないようです。

他にもクッションタイプやニットキャップタイプなんてものもありますが、
実はお家にあるタオルでも対策が可能です。
細く丸めて赤ちゃんの頭に沿うようにおいてあげれば向き癖対策が出来ちゃいます。

タオルを使用する際は、タオルが広がってしまわないように輪ゴムで留めるなどしてくださいね。顔にかかったりして思わぬ事故につながる可能性があるので注意して下さいね。

根気よく続けて行けば2週間ほどで向き癖も治ってくるのでグッズ無しでも希望の方向を向いて寝てくれるようになるでしょう。

まとめ

遺伝以外の絶壁頭の多くの原因は向き癖。寝かしつけだけでも一苦労な赤ちゃんですが、かわいいわが子のためです!
しっかり対策をとってきれいな丸い頭を作ってあげて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑