インフルエンザ解熱後すぐ出社?咳の感染力と完治の判断基準

公開日: 

寒くなると、毎年猛威をふるうインフルエンザ。
予防接種を受けていても完璧に防ぐことのできない感染力の強いインフルエンザは、普通の風邪とは違い、感染した場合には会社は休まなければなりません。

でも仕事は忙しいし、いつまでも休んでいるとサボってるみたいで、、、と出来るだけ早く出勤したくなってしまいますよね。

でもちょっと待ってください!

他人にうつしてしまわないために、インフルエンザの感染力や完治の判断基準などについて見てみましょう。

インフルエンザ解熱後の出社はいつからOK?

医師の中には「インフルエンザにはタミフルやリレンザなどの特効薬があるから、なんだかわからない風邪のウィルスよりマシだよ」と言う人も居るくらい、タミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬は良く効きます。

そのため、インフルエンザと診断され、抗インフルエンザ薬を服用した次の日には熱も下がって元気になっていることもあります。

元気ならば会社に行って仕事も出来そうですが、そうは行きません。

この場合、治った気がしていても、体内のインフルエンザウィルスはまだ感染力があるんです。

通常は解熱してから2日、発症してから5日経っていれば、医師から通勤通学の許可がでます。
なので、解熱したからといって早めに出社しても、嫌な顔をされるどころか、上司に怒られてしまうかもしれません。

1人が5日程しっかり休む方が、感染者を多く出すより何倍も良いのです。

同僚の中には、感染症に弱い小さな赤ちゃんやご年配の方と一緒に暮らしている人も居ることでしょう。
その人達にうつさないためにも、完治するまでゆっくりと休んでください。

インフルエンザ解熱後の咳の感染力について

解熱していても、咳だけのこる場合もあるインフルエンザですが、この場合の咳にはいくつかの原因が考えられます。

ひとつはインフルエンザによる咳。
もうひとつは、のどの炎症による咳などが主な原因と考えられます。

スポンサードリンク

抗インフルエンザ薬を飲んで、解熱後2日であればほとんど感染力は無いとされていますが、確実ではありません。

しかし、例えのどの炎症による咳だったとしても、あなたがインフルエンザだったと知る人から見れば「本当に治っているの?」と不振に思うはずです。

解熱後2日経っていれば、少しくらいの咳ならマスクをしていけば問題ないと思いますが、酷い場合には、咳が落ち着くまで外に出ないのが賢明でしょう。

インフルエンザが完治したかの判断基準は?

インフルエンザにはタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬があるのに、毎年感染は拡大してしまいます。
その理由は、感染力の強さもありますが、抗インフルエンザ薬ですぐに症状が治まり、まだ感染力があるにもかかわらず、外出してしまう人が多いからでもあります。

感染拡大を防ぐためにも、社会復帰は完治してからでなくてはなりません。

インフルエンザは、解熱後2日経っていれば、人にうつる可能性は格段に減ります。
発症してから5日経っていて、症状も落ち着いていれば、医師からも完治のお墨付きを貰えるでしょう。

診断前に受けた、鼻に綿棒を入れるような検査などはなく、来院時の状態で判断します。

会社によっては医師から「治癒証明書」をもらってくるように言われることもありますので、他人にうつさないためにも、素人判断ではなく、きっちりと医師に診てもらうことをオススメします。

まとめ

抗インフルエンザ薬のタミフルは、子どもが服用した場合に幻覚がみえるなどの副作用が問題になりました。
一時はたくさん報道されていたので、気にする人も多いでしょう。これには本当に注意が必要だと思います。

しかしインフルエンザは重篤な症状を引き起こしやすい感染症です。感染したら、早めに治したいですよね。
そして、人にうつさないよう、自己判断で外に出ないようにしましょう。

仕事も気になると思いますが、せっかくだからと割りきって、ゆっくり休んでくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑