4月生まれ赤ちゃんの服装。春生まれの肌着の種類と枚数

公開日: 

厳しい寒さの冬が終わり、だんだんと暖かくなる4月。
日中はとても過ごしやすく、春の穏やかな空気を感じられる良い季節です。

しかし朝晩はまだまだ冷え込むこともあり、自分で体温調節ができない赤ちゃんは、ママやパパが気を付けて肌着などで調節してあげる必要があります。

春といえども、4月生まれの赤ちゃんの体調管理には十分に気を付けてあげなければなりません。
今回は、そんな4月生まれの赤ちゃんのために用意しておきたいベビー服についてご紹介します。

スポンサードリンク

4月生まれ赤ちゃんの服装はどんなコーデ?

春の日差しが心地よい4月。
日中はとても過ごしやすく、ときには半袖で過ごせるくらい気温があがる日もあります。

その反面、朝晩は冷え込むこともあり、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、肌着などで調整する必要があるんです。

4月生まれの赤ちゃんの基本的な服装は

【室内/肌寒い】
 短肌着+長肌着orコンビ肌着+ツーウェイオール

【室内/温かい】
 短肌着+ツーウェイオール

この基本のコーデの他に、調整用として新生児ベストなどがあれば、産まれて間もない赤ちゃんには十分です。

そして、赤ちゃんは1ヶ月健診が済むまでほとんど外出する機会はないと思います。

冬用の温かなおくるみや防寒服などは、ほとんど使用することがありません。
念のために1枚くらいは持っていても良いですが、着るのはほんの数回です。

春生まれの赤ちゃん肌着の選び方

生まれて間もない赤ちゃんは、ほとんどの時間を寝て過ごしています。
外気は寒暖差はありますが、外出する機会のない赤ちゃんにはあまり影響はありません

そんな赤ちゃんの肌着は「初秋(9月) まで着られる」を目標に厳選しましょう。

春生まれの赤ちゃんの肌着には

  • ガーゼ
  • サッカー
  • フライス
  • スムース
  • パイル
・・・・・・など、さまざまな素材の生地があります。

中でも4月生まれの赤ちゃんには、夏でも快適に使えるフライスがオススメ!
フライスは肌触りもやわらかく、吸湿性、通気性に優れているので、産まれたばかりの赤ちゃんには最適な素材です。

スポンサードリンク

赤ちゃん肌着の枚数どれくらい春は必要?

それでは4月生まれの赤ちゃんは、何枚くらいの肌着を用意すればいいでしょうか

暖かな気候で、洗濯物も乾きやすい4月生まれの赤ちゃんの場合は

短肌着・・・6枚
直接肌に触れる短肌着は、少し多めに用意することをオススメします。
赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、通気性の良い素材の肌着を小まめに変えてあげましょう。
長肌着・・・2枚
長肌着は、コンビ肌着でも代用できるので、あまり枚数は必要ありません。
肌寒い日の保温用に役立つので、通気性の良いものを選びましょう。
コンビ肌着・・・4枚
短肌着と重ねて使用するコンビ肌着も、通気性の良い素材のものを選びましょう。
オムツ替えが楽にできるコンビ肌着は、使用頻度も高いので4~5枚あると安心です。
ツーウェイオール・・・2枚
お出かけ着として使えるツーウェイオールは、少し大きめの70㎝くらいのものを用意しておくと長く使えます。
新生児のうちは、外出する機会も少ないのでとりあえず気に入ったものが2枚程度あれば足ります。

オムツの横漏れや、ミルクの吐き戻しなどで、なにかと汚れる赤ちゃんの肌着。

洗濯も大変なので、枚数を多く持っていると安心ではありますが、4月は気候も良く、洗濯物も乾きやすいので、先に多く買うと後悔する場合もあります。

とりあえず数枚買っておいて、後から必要に応じて買い足していくことをオススメします。
サイズは50だとすぐに着られなくなってしまうので、「50~60」と表記されているものを選んで買うようにしてください。

まとめ

出産を控えて、赤ちゃんのものを買いそろえていくのは、とても楽しいことですよね。
徐々に増えて行く赤ちゃんグッズに囲まれていると、早く赤ちゃんに会いたくてワクワクします。

そんな楽しいお買いものですが、後になって「これは要らなかった」と後悔するものを買ってしまうことが多々あります。

今はネットでなんでも簡単に買える時代です。
まずは必要最低限のものだけ購入して、必要に応じて買い足していくようにするとムダを無くすことができますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑