鼻うがいのやり方これで痛くない。うまくできない時は?やってみた感想

公開日: 

鼻がムズムズ痒い、くしゃみ鼻水が止まらない、目が痒い、涙が止まらない、、、私はこれら全部の症状がありました。
アレルギー性鼻炎でしたが、花粉症の人の気持ちが分かります。

そこで目を付けたのが鼻の洗浄・鼻うがい。

やってみたら思ったほど痛くなく、今ではコツもつかんで全く痛みなくできるようになりました。
その方法と体験談をご紹介します!

スポンサードリンク

鼻うがいのやり方こうすると痛くない!

まず、鼻うがいとは、鼻から喉にかけての器官に水を通して洗浄することですが、やり方だけでなく、使う水にも痛さを抑えるポイントがあります。
鼻うがいに使う水は水道水や真水ではなく、生理食塩水。これは自分で作りました。

鼻うがい用の食塩水の作り方

生理食塩水とは、簡単に言えば人間の体にある水分と同じ塩分量でできているもので、0.9%の食塩水です。
なので、だいたい1リットルの水に9gの塩ですね。

でも、いちいち量ってられませんので、500mlに塩小さじ1弱だと覚えておくといいでしょう。
(500mlの水に4.5gで約0.9%の食塩水になります。塩小さじ1杯は5~6gです。)

私の目安は「涙の味」です。ほんのりしょっぱいかなーというくらい。
(感情によって流す涙の塩分が違うという話はこの際置いておいて。あくまで目安です。)

さらに、ひと肌程度(36度くらい)に温めました。熱湯と水を混ぜて調整するといいです。
体温と同じくらいの水温の方が痛くありません。
それもそうですよね。熱いも冷たいも感じないようにしておけば、鼻の中での刺激を最小限に抑えられます。

腕に1、2適たらしてみて何も感じないのがちょうど体温の36度くらいです。
経験上、水が冷たくなるほど刺激が強いです。

鼻うがいのやり方

・コップの縁までなみなみと食塩水を入れる。
・片方の鼻を指で押さえて、もう片方の鼻を水面に付けて吸い込みます。

ここは勇気がいります。恐らく最初は痛いでしょう。私も痛かったです。
でも、プールでふいに水が入ってしまったときに比べたら大したことありません。

ポイント吸う方の鼻はピッタリ水面に付けることです。中途半端に付けていると空気を一緒に吸いこんじゃうので余計に痛いです。

最初は怖くて奥まで吸い込めないかも知れません。
なので、軽く吸ったら出す、を繰り返すだけでもいいでしょう。それでも押さえておいた方の鼻から鼻水がドーッと垂れて出てきます。

注意!この時、痛いからと言って慌てて無理やりフーン!と鼻をかむように出したりすると余計に痛くなったり、耳が痛くなったりするので注意して下さい。落ち着いて堪えましょう。

そして慣れてきたら、思い切ってズズーッと奥まで吸い込んでみましょう。
ここが第2関門。気合い入れないと無理ですよー。

奥までズズッと入ったら、詰まっていた鼻水と共に喉に下りてくるので、吐き出します。
うっかり飲んじゃっても問題ありません。

これを、反対側も同じようにやります。
2~3回繰り返すとかなりスッキリしてきます。

喉にへばりついた感じがして気持ち悪いときは、鼻うがい用の食塩水で喉のうがいもします。
涙が大量に出てくるかも知れませんが、涙腺まで洗われたようでスッキリしますよ。

慣れてくると、右鼻から吸い込んで左鼻から出す、左鼻から吸い込んで右鼻から出す、鼻から吸って喉に落とす、と自由自在にできるようになります。

スポンサードリンク

まとめると、痛くない鼻うがいのポイントは

  • 涙くらいの塩分の食塩水で
  • 体温と同じ36度くらいの水温にして
  • 片方の鼻をふさいで
  • 空気を一緒に吸い込まないように
  • 最初は無理せず途中まででもOK

です。

やり方を間違えて耳に水が回ると中耳炎になったり、危険なこともあるので充分注意して下さいね。
また、なんでもそうですが、合う合わないというのがあるので、誰しも必ず効果があると言うわけではありません。自己責任でお試し下さい。

鼻うがいがうまくできない時はこうしよう

なかなかコップでうまくいかない時は、便利グッズを使う方法もあります。
インドのヨガで使う鼻洗浄器ネティポットなら、頑張って吸わなくてもスルスルと洗浄できちゃいます。

早く言えよって感じですが、私は使ったことないので、鼻が詰まった状態でやってもこんなにキレイに出てくるのかは分かりません。

全く苦痛なさそうですよね。

鼻うがいは鼻水などの症状が無いときに洗浄することで免疫力がアップするのか、風邪予防や健康法になると言われています。
確かに、免疫アップには、粘膜を強くしてウィルスの侵入を防ぐことがあげられますよね。

鼻詰まりじゃない時にやってみるのもいいのかも知れません。
私の知人は毎晩お風呂上りにやるようにしたら風邪を引かなくなったと言っていました。彼はネティポットではなくペットボトルに入れてやっているとのことです。慣れれば何でもできちゃうんですね。

鼻うがいをやってみた感想と効果

では、私の酷いアレルギー症状は改善されたのか。

結局のところ、鼻うがいをした直後はものすごくスッキリするんですが、やはり1~2時間するとまた鼻がムズムズしてきます。
それでも、数時間でも快適になるならやる価値はあると思いますし、日常的にやっていると予防にもなるかも知れません。

私も普段からやっていればいいんでしょうが、つい億劫で、症状が出てからするので予防の効果は体感できていません。
でも、洗浄後のあの爽快感は癖になるので、ほんとおススメします。顔にある管と言う管が洗われる気がしますよ。

まとめ

ほんとに辛い鼻炎の症状。頻繁に起きることもあるので薬に頼るより、こういった方法で改善できればいいですね。
まずは短時間でもスッキリして、続けるうちに完全に治るといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑