赤ちゃんがお風呂上がりにギャン泣き!泣く原因と寝かしつけのコツ

公開日: 

3ヶ月の赤ちゃんが、お風呂上りに毎回ギャン泣き、、、
お風呂から上がったら、授乳してそのまま寝てほしいのに、これではママもパパもゆっくりする時間がとれずに疲れてしまいますよね。

今回はお風呂上りにギャン泣きする赤ちゃんの対処法や、すんなり寝かしつけるコツなどをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんがお風呂上がりにギャン泣き!

初めての育児は本当に大変ですよね。
ベビが3ヶ月くらいになると慣れてくるので、大抵のことは1人でできるようになっても、お風呂だけは1人じゃ無理!ということもあると思います。

そこでパパの帰宅を待ってからお風呂に入れてもらうと、お風呂上りに赤ちゃんがギャン泣き…
仕事で疲れているパパも、早く寝かしつけてゆっくりしたいママも、これにはうんざりしてしまうのではないでしょうか。

おまけに水分補給もしてもらいたいし、泣いてないで、さっさとおっぱいを飲んで寝てもらいたいところです。
原因がわかれば対処の仕様もあるのですが、3ヶ月の赤ちゃんに尋ねても答えが返ってくるわけはありません。

赤ちゃんは、お腹にいたときの名残か、何かに包まれていると安心するようです。
とりあえずは、湯上りにガーゼやタオルなどでくるんでみてはいかがでしょうか。

優しく声掛けをしながら包んであげると、徐々に落ち着いてくれるかもしれません。

包む時は「身動きができないぐらいにしっかりと」くらいにするのがポイント。
苦しくない程度に、しっかりと包んであげてくださいね。

赤ちゃんが風呂上がりに泣く原因は?

それでは、なぜ新生児がお風呂上りにギャン泣きをするのか原因を探ってみましょう。

お風呂に入っているときは平気なのに、お風呂上りに泣く赤ちゃんは

  • 暑い
  • 疲れた
  • 眠い
  • お風呂は気持ち良いから、出たくなかった

などと思っている可能性があります。
では、順番に解決してみましょう。

お風呂が熱いから赤ちゃんが泣く

まずは「暑い」。
お風呂のお湯の温度は何度に設定してありますか?

パパやママが丁度いいと感じる40℃では0才児の赤ちゃんには少し熱いかもしれません。

40℃のお湯に浸かっていた赤ちゃんは、湯上りに体が暑くて泣いていることも考えられます。
この場合にはお湯の温度を赤ちゃんにとっての適温である38~39℃に設定してみてください。

お風呂で疲れるから泣く

お次は「疲れた」について。

赤ちゃんは朝も晩も関係なくおっぱいを飲んでは寝ているようにみえますが、朝晩の区別はついています。
大人と同じように朝は元気で夜に向かっていくにつれて疲れていきます。

そのため、パパが帰宅する20時頃には疲れてしまっているのかもしれませんね。

この場合にはお風呂に入る時間を早めてみてください。
理想としては18時くらいですが、1時間早めるだけでも違うと思います。

スポンサードリンク

お風呂で眠くなって泣く

お風呂で体温も上昇して、ついうとうとしちゃくなることってありますよね。
赤ちゃんも同じで、気持ちよくて眠くなってしまうんでしょう。

または、先ほどのように、お風呂に入る時間にはもう疲れているので、お風呂で一気に睡魔が襲ってくるのかも知れません。
眠いなら寝ればいいのに、赤ちゃんって必死で泣いて怒りますよね。

なので、やはり時間を早めてみてはいかがでしょうか。
入浴もサッと早めに切り上げて水分補給する余裕をみておきたいですね。

お風呂から出たくないという理由で泣く赤ちゃん

最後に「お風呂は気持ち良いから、出たくなかった」について。

赤ちゃんは、意外と水が好きなようです。
ママのお腹にいた頃を懐かしんでいるのかもしれませんね。

温かいお湯に浸かっている赤ちゃんは、気持ちよさそうな顔でリラックスをしているのではないでしょうか。
だからといっていつまでも浸かっているわけにはいきません。

この場合は先ほどもご紹介したように、ガーゼやタオルで包んであげてください。
お風呂とは違う安心感に包まれて、リラックスしてくれるかもしれません。

赤ちゃんお風呂上がりの寝かしつけのコツ

赤ちゃんをお風呂上りにスムーズに寝かしつけるためのお風呂のルールがあるんです。

ルールその1:お風呂の温度はぬるすぎず、熱すぎずの38℃~39℃
ルールその2:入浴時間は10分程度
38℃~39℃、10分程げ度の入浴は、赤ちゃんがのぼせることなく、リラックスできる入浴方法だと言われています。

大人も同様なのですが、人間は眠りにつく前に体温が急激に下がります。
この現象は、お風呂上りから徐々に体温が下がる状態に似ているんですね。

お風呂上りに体温が下がってくると、脳が勘違いして睡眠モードに入ります。
このタイミングで寝かしつけると、ぐっすりと寝てくれる確率が急上昇です。

またお風呂上りおマッサージも効果的です。
保湿剤を塗るついでに、ママの手のひら全部をつかってゆっくりとマッサージしてあげてください。
お腹をくるくると優しくなでたり、手や足をゆっくりともみほぐしてあげるようにしましょう。

ベビーマッサージに特別な技術は必要ありません。
大好きなママとのスキンシップで安心感を得ることで、お風呂上りの興奮が冷め、リラックスしてぐっすりと眠ってくれるかもしれません。

まとめ

赤ちゃんが泣くときは、大抵の場合は不快なことがあるときです。
お風呂上りのギャン泣きの原因も、暑かったり疲れていたりと不快なことが原因なのかもしれません。

とはいえ、それだけが原因ではないこともあります。
一番大切なのは、パパとママがイライラせずに大きな気持ちで受け止めてあげることです。泣き止ませようとすると焦ってしまうので、新生児は泣いてるものだーくらいにドーンと構えて、落ち着いて対処してあげるといいですね。

毎日のことになると難しいかもしれませんが、優しい気持ちで赤ちゃんを包んであげてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑