タイフェスティバルでカオマンガイ、ガパオ、パッタイ食べたい!

公開日: 

タイフェスティバル2015楽しみですね。東京、代々木公園は今年も大混雑しそうです。2014年は来場者数が35万人を超えたとか!
そんなタイフェスでぜひとも食べたいタイ料理をご紹介します。

スポンサードリンク

タイフェスティバルで食べたいタイ料理1 カオマンガイ

カオマンガイとは、煮込んだ鶏肉を、そこから出たスープで炊いたご飯の上に乗せて食べるいわば鶏ごはん。

「大盛り」で注文しました。

「大盛り」で注文しました。

見た目はほんと、ごはんに鶏の切り身が乗ってるだけなんですが、これが美味しい!
食べるときに付けるタレがまた、何とも言えない奥深さがあるんです。
カオマンガイ自体は辛くないですが、タレが辛いので、辛いのが苦手な人はタレの量で辛さを調節して食べられますよ!(タレなしでも美味しいです。)

スポンサードリンク

タイフェスで食べる食べ物2 ガパオライス

ここ数年で一気にメジャーになったガパオライス、ガパオごはん。ガパオ飯とも呼ばれてるんですね。
タイ語ではカーオ・パッ・ガパオ。ガパオとはホーリーバジルのこと。豚や鶏のひき肉とガパオを炒めたものです。これは唐辛子が入るので本場タイでは結構辛いんですが、タイフェスで出されるのはお店次第でしょうね。カイダーオ(目玉焼き)を乗せて食べるのが定番。

タイフェスで食べる食べ物3 パッタイ

麺です。炒めたヌードル。焼きそば。平麺を、甘酸っぱいパッタイソースで炒めます。定番の具はえび、豆腐、ニラ、もやし、卵。
食べるときにピーナッツと唐辛子、砂糖、マナーウ(レモン)をトッピングして食べます。付け合わせの野菜として、もやしとニラが生で付いてきます。

まとめ

他にも、チェンマイ名物カオソーイや世界三大スープのひとつと言われるトムヤムクン、鶏肉を炭焼きしたガイヤーン、タイカレーの中でも人気のグリーンカレーやレッドカレー、タイスイーツを代表するロティやカノムクロック、ああもうタイ料理好きにはたまりませんね。
マンゴーやマンゴスチンなどの南国果物を使ったフルーツシェイクやタイビールもあるはずなので、とにかくお腹を空かして臨みたいところです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑