産後に指がカクカクするばね指いつまで続く?授乳中の治療は?

公開日:  最終更新日:2016/03/26

産後に指がカクカクしたり、朝、寝起きに指が曲げにくい、第二関節が痛い。
いつまで続くのか、自然に治るのか、治療や手術じゃないと治らないのか、、、

だんだん不安になってきますよね。私も産後このばね指に悩まされました。

なので、実体験からバネ指の治し方や、私が結果的に治った理由などをご紹介します。

スポンサードリンク

産後に指がカクカクする原因と対策は?

指がカクカクするのは「バネ指」と呼ばれる症状で別名「スプリングフィンガー」とか、「弾撥指(だんぱつし)」と言います。

そもそもバネ指は、指に起きる腱鞘炎で、手や指をよく使う人やスポーツをする人、ピアノやギターを弾く人などに多くみられる症状なんですが、
実は女性の更年期や妊娠中や出産後にもなることが多いんです。この場合はホルモンバランスの崩れからですね。

私の場合も、産後すぐ(1週間後くらい)に薬指の第2関節に発症しました。

最初は朝起きたときだけ指が曲げにくく、曲げるとカクンとまさにバネのように曲がります。
それが徐々に一日中続くようになり、そうなると朝起きたらもう曲がった状態なんです。

それで朝いちばんに伸ばすときがものすごく痛いんです。もうね、心構えしてゆっくりそろーっと伸ばさないといけないくらいです。
2回目、3回目となるにつれ痛みは和らぐんですが、酷いときは曲げ伸ばししなくても常に関節が痛かったです。

色々不便でしたよ。瓶の二タは開けにくいし、包丁は握れないし。

産後のばね指はいつまで続くの?

自然治癒というか、自然に治ることもあるんですが、産後のホルモンバランスが原因の場合は、個人差は大きいですよね。

私の場合は1年以上続きました。今思えばよく耐えてたものです(笑)。

スポンサードリンク

授乳中にできるばね指の治療方法

バネ指を治す(和らげる)方法としては、まず指をあまり使わないこと

とはいえ、無理ですよねこれは。日々の家事や育児で使わないわけにはいきませんし。
なので、せめて「できるだけ」使わないように少し注意して、余裕があるときはバネ指じゃない方の手を使うといいですね。

その他の対策としてはマッサージも効果的。指を丁寧に伸ばしたりして血行を良くしてあげてください。
ストレッチも効果的です。

指のストレッチ方法はこちらの動画が分かりやすいですよ。

テーピングで固定する方法もあります。起きている時はもちろん、寝ている間に無意識に指を曲げ伸びしないよう固定しておきます。

整形外科に行くと薬や湿布を処方されることもあるようですが、授乳中なら薬は飲めません。
手術やステロイド注射を打ってもらうのが一番即効性がありますが、再発することもあるようですし、授乳中はミルクに切り替えないとですよね。

で、私はどうやったら治ったかというと、手術や注射どころか、薬も飲んでないし湿布も貼らず病院へ受診すらもしてません。
1年4か月バネ指が続きましたが、自然に、ある日突然治りました。

実は私の場合は、授乳を止めてからなくなったんです。

卒乳断乳したらホルモンバランスが変わり元に戻りますもんね。恐らくそれが治った理由だと思います。
徐々に治ったのではなく、本当に突然治ったという感じでした。

まとめ

個人差もあるかと思いますが、産後のバネ指の場合はずっと続くことはないので、しばらくは様子を見るといいですね。
私のように授乳を止めてからすっかり治ることもあるでしょうし。とはいえ痛みが辛いので、どうしても痛いようなら受診して医師と相談するといいですね。
早くよくなりますように。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑