パワーストーンのブレスレット右手左手?お風呂は?切れた意味は?

公開日: 

はじめてのパワーストーンでよく分からないけど、ブレスレットならずっと付けてる方がいいのかな?
右腕と左腕どっちにはめるのがいいのかな?お風呂や寝るときは?切れたらどうなる?

そんなパワーストーン初心者さんの疑問にお答えします!

スポンサードリンク

パワーストーンのブレスレットは右手左手どっち?

パワーストーンというからには石にそれぞれ意味があって、やっぱり身に着ける場所にも意味があるのかな?って思いますよね。
はい、あると言えばあります。

ではまず、右腕にはめるのと左腕にはめる場合の意味を見ていきましょう。

パワーストーンを右手にはめる意味

・顕在意識
・左脳へ繋がる
・自分の中のエネルギー、パワーを外に出す
・創造力、行動力、実力の発揮
・現実的なことに影響を与える
・金運、仕事運、学業、恋愛成就
・石の力を外へ発する

パワーストーンを左手にはめる意味

・潜在意識
・右脳へ繋がる
・外からのエネルギー、パワーを吸収する
・インスピレーション、直感
・精神的なことに影響を与える
・出会い、健康、対人関係、お守り、自信
・石の力を自分自身に取り込む

結局どっちがいいの?

上の効果からみて、周囲に影響を与えたり自分の力を発揮したいときは右手、自分の中の運気を高めたり直感を磨きたいときは左手という解釈ができますね。

ただし、ブレスレットに使われているパワーストーンの特性にもよります。例えば、厄除け、お守りの水晶やムーンストーンなら左手が良いでしょうし、タイガーアイをはじめとする個性や力の強い石は右手が良いということになります。

また、パワーストーンという特性上、右脳の直感や感覚に働きかけるものなので、やはり左手の方が素直にスムーズに受け入れられます。

これらの理由からか、パワーストーンは一般的に左手にするべきという意見が多いように思いますが、実際は付ける本人が心地良いのが一番重要ですよね。

それに、右利きなら左手にはめたいでしょうし、左効きなら右手にはめた方がいいですしね。

付けてみると分かりますが、利き腕に石のブレスレットをしていると、何かと不便なんですよ。特にペンを持って字を書くとき、すごく書きにくいです。天然石って結構重いですし。

スポンサードリンク

それに利き腕の方がよく動かすので、ぶつけたり切れたりする可能性は高くなりますよね。

パワーストーンとはいえ、石だけが勝手に何かをしてくれるわけではなく、石のパワーがあなた自身に変わるきっかけをくれるんです。
なので、あなたが意識していれば、右手でも左手でも良い影響を与えてくれるでしょう。

つまり、どっちでもいいんです。あなたが心地よいと思えて意識できる方に付けるのが一番効果を発揮できますよ。

パワーストーンのブレスレットはお風呂や寝るときも付ける?

お風呂も寝るときも常にずっと身に着けるという人もいますが、石によっては、お風呂に入ったり水に濡れると変色するものもあります。

特に温泉は要注意です。
温泉水に含まれるミネラルや水質が、石に影響することもあります。

寝るときは、そうですね、眠ってる間の潜在意識に働きかけてくれる効果が期待できるかも知れません。

でも私はどちらかというとあまり気にせずファッション感覚で付けてますよ。お風呂の時は忘れない限り外していますし、寝てる間に無意識に外したり切れたりするとイヤなので寝る前に外します。
それに今日はちょっと付けたくないなと思う日は家に置いて出掛けることもあります。

あまりこだわらず、あなた自身の感覚と好みで、好きなときに好きなように付けていればいいですよ。
ここぞというときに左右を変えて、意識を集中させるのも効果的でしょう。

パワーストーンのブレスレットが切れた時の意味は?

これも同じく、切れたから不運だと考えることもできますし、切れたことで願いが叶った、または役割を果たして切れた、身を守ってくれた、などと解釈することもできます。

つまりあなた次第。

でも、せっかく石のパワーを受けているなら、前向きに考えたいですよね。もしかすると、石のパワーが、あなたに前向きに考えるチャンスをくれているのかも知れません。

そうやって考えると楽しいですよね。

まとめ

天然石、パワーストーンの力はあなた次第でいくらでも強力になります。心理的なものもありますが、それもパワーのひとつですよね。
これを機に苦手なことや理想を意識して強く思ってみると、より願いが叶うかも知れませんよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑