浴衣の染み抜き方法と帯の注意。黄ばみの漂白も自分でできる?

公開日: 

昔の浴衣って質も良いし柄も気にいっているんだけど、少しシミや黄ばみが気になるんですよね。
でも、せっかくなのでキレイにして着れるようにしたいものです。

今回は浴衣の染み抜きの方法や、自宅での黄ばみの漂白の仕方などについてご紹介します。

スポンサードリンク

浴衣の染み抜き方法 自分でするには?

頂き物の浴衣だけど、質も良いし、柄も素敵だし、ものすごく気にいっているのにシミが。
そんな時でも諦めないでください!そのシミは、落とせるかもしれませんよ。

まずは洗濯用の固形石鹸を用意します。
洗面器などに人肌程度のぬるま湯を入れて石鹸を溶かし、シミの部分を押し洗いします。

※石鹸を溶かしておくことで石鹸カスが付きにくくなります。

落ちにくかったら軽く揉むように洗ってください。
ゴシゴシと洗ってしまうと生地を傷めてしまうので、やさしく洗うように心がけてくださいね。

一度水を捨てたら、軽く手で絞って脱水をしましょう。
このときもギュっと力いっぱいやりすぎないようにご注意を。

そして冷たい水を桶にいれて、押すようにしてすすぎます。
そして再び軽く脱水をしてから、シワを伸ばして陰干しにして乾かします。天日干しは生地が傷んだり色褪せの原因にもなるので、直射日光の当たらない場所で干すことをおすすめします。

小さなシミや、ちょっとした汗染みならこの方法で落とせることが多いですが、時間が経ちすぎてしまったものや頑固なシミはなかなか落とせないこともあります。
そんな時にはオシャレ着用の中性洗剤も使えるので、シミの部分に塗って5分程度放置したのちに水で押し洗いをしてみてください。

浴衣の洗い方と干し方、帯はどうする?たたみ方は襟がポイント!

石鹸も中性洗剤でも落ちない汚れは

それでも落ちない!という場合にはプロに頼むことをオススメします。
多少料金はかかりますが、自宅で洗うより断然キレイになるので、染み抜きを専門にしている所や浴衣のクリーニングが得意なお店に相談してみてくださいね。

近くに浴衣を洗ってくれるクリーニング店が無い場合は呉服店などで相談すると専門の業者を紹介してくれることもありますし、今はお手頃価格で宅配クリーニングしてくれるお店もあります。



浴衣の帯の染み抜きどうする?

浴衣はご自宅でも洗えるのですが、帯は基本的には洗うことはできません。
織物は水に強いのですが、染め物は水洗いを想定していないので色落ちしたり、滲んだりしてしまうんですね。

ですが、着物を普段着にしている方などは、安い帯であれば自宅で洗うこともできなくはないです。
その場合には帯の端を試し洗いして、色落ちをしないか、生地は傷まないかなどを確認してから行った方がいいですね。

帯の端を試し洗いをしてみて大丈夫そうであれば、浴槽に水を張り、オシャレ着用の中性洗剤を入れて足で踏むようにして優しく洗いましょう。
その後は絞らずに、足で踏んで水をだし、陰干しにして乾かします。

洗濯ばさみを使うと跡がついてしまうので、ハンガーなどを使って干すようにしてくださいね。

ただし、しつこいようですが帯は基本的には洗うことはできません。型崩れしてしまいますし、色落ちもします。
生地もよれてしまうので、オススメはできません。

スポンサードリンク

浴衣の黄ばみを漂白するには

昔のお気に入りだった洋服を出してきたら黄ばみが、、、なんて経験は多くの人が経験していると思いますが、大抵の場合は時間の経過にともないできてしまった汗染みなんですね。

そして、浴衣に浮き出ている黄ばみも、おそらく時間が経ってしまったことで出来た汗染みでしょう。

私もお気に入りだったブラウスに黄ばみを発見して、諦めきれずにあらゆる手段で洗った経験があります。
浸け置きにしたり、漂白剤を使ったり、最後はクリーニング店に染み抜きをお願いしたりと奮闘したのですが、完璧に黄ばみを落とすことはできませんでした。

その時、クリーニング店の方に「数年経ってしまった黄ばみはプロでも難しい」と言われて、泣く泣く諦めました。

浴衣の場合は特に慎重に洗濯をしなければならないものです。
下手に手をだすと輪染みになって被害拡大なんてこともありますので、一度クリーニング店に相談することをオススメします。

自宅で漂白する場合の漂白方法

それでも自宅で漂白をしたいという場合には、中性洗剤で油分を落とした後に、酸素系漂白剤を使って漂白をしてください。
全体を洗うのではなく、歯ブラシや綿棒などを使って、黄ばんでいる所だけを洗うようにしてくださいね。

染料や素材によっては脱色したり生地が傷むことがあるので、やるなら覚悟の上でされた方がいいですよ。

まとめ

古い浴衣は味わいもあり、とても魅力的です。
良いものを長く使うのはとてもステキなことですね。
自宅でのケアや、時にはプロにお任せをして、大事に着ていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑