彼氏の両親に挨拶と自己紹介、呼び方や実家でのマナーここ注意!

公開日: 

お付き合いしている彼氏の家に初めて招待されるときは、嬉しさもありますが、やはり緊張してしまいますよね。
彼氏のご両親には好印象にしたいし、これからもずっと続く関係ですからね。

  • 最初の挨拶や自己紹介はどうするべき?
  • 両親の前での彼氏の呼び方は?
  • 彼氏の両親のことは「お父様」「お母様」と呼んでいい?
  • 失礼にならないような礼儀作法、マナーは?

不安だらけですね。失敗しないために、1つずつ見ていきましょう。

スポンサードリンク

彼氏の両親に初めての挨拶と自己紹介どうする?

彼氏にとってはくつろげる実家なので、普段通りの家族のコミュニケーションが始まるでしょうが、あなたにとっては内心ドキドキですね。

でも、子供の頃にお友達の家に初めてあがったときの経験を思い出してみて下さい。
他所のおうちにお呼ばれするときの基本は教わっているはずです。

玄関で挨拶する
「はじめまして、○○です。お邪魔します。」を一番最初に言います。
その時は詳しい自己紹介ができなくても、焦らずに。
席に着いたときに自己紹介をする
「○○さんとお付き合いさせていただいてます、○○です。」
この一言はどうしても必要です。詳しい自己紹介や仕事内容については、一気に話そうとしなくて大丈夫です。
相手のご両親が話好きな人ならば、どんどん聞いてきますので、質問に答えているだけで時間はあっという間に過ぎます。
無口なご両親の場合でも、ある程度の自己紹介で終わらせます。
彼氏が紹介してくれたり話を振ってくれると助かるので、事前に相談しておくといいでしょう。

そのあとの話題は、彼氏の幼少期の話などを質問すると、話題が膨らむでしょう。
私の場合は、幼少期にいろんなところにいったと旅行話をずっとしていただきました。

そして、基本中の基本、「ありがとうございます。」「頂きます。」「ごちそうさまでした。」などの挨拶はきちんとするようにしましょう。何気ないことですが、印象がグッとよくなります。

彼氏の両親に挨拶するとき呼び方どうする?

両親の前では彼氏のことを、さん付けで呼ぶのが好ましいです。普段は下の名前を呼び捨てにしていたとしても、ここでは下の名前で「○○さん」と呼びましょう。

そしてご両親の呼び方。いきなり「お父さん」「お母さん」とは呼べないですよね。
「おじさま」「おばさま」と呼ぶか、「○○さんのお父様」「○○さんのお母様」と呼ぶのが無難です。

相手のご両親も、あなたを呼び方に戸惑うはずなので、名前をつけて質問される事は少ないかもしれませんね。

私の場合も、ご両親のことは、できるだけ呼ばないようにしていました。
結婚してからお母さんと呼ぶのも最初は戸惑うぐらいです。

スポンサードリンク

付き合っている時はご両親とそれほど会う機会がないですし、2時間ぐらいならば呼ばなくても会話が成り立ちます。
だいたいは質問されて返すパターンの会話が多いですし、彼氏の助け船があるといいですね。

彼氏の実家に挨拶時のマナーと注意点

実家にお呼ばれするからには、手土産や家の中でのマナーが気になるところです。

お土産は何を持っていく?

ご挨拶に伺うときの手土産は、食べ物などの残らない物がいいです。

何がいいかは彼氏に相談するのもいいですが、なかなか家族の好みを知っている男性がいるでしょうか。
何も情報がない場合は、まぁ何でもいいです。

みたらし団子とか、イチゴ大福とか、かりんとう饅頭とか、マカロンとかかわいいですよね。
全部甘いものですが、お酒好きの家族でしたら、塩辛いものでもいいですよ。

こういう時に、地元の名産があると助かります。「これ名産なんです」っていうだけですもんね。

服装は?

ジャケットやスーツで行きたいところですが、ペットがいたり何かのお手伝いをしたりなどの作業をすることもあるので、カジュアルな普段着でも少しキッチリしたものを選ぶのがいいと思います。

ワンピースが使いやすいですが、チュニックにパンツでもいいですね。

靴は、ブーツやサンダルよりも、脱ぎ履きしやすいペタンコ靴がおすすめです。
ヒールありの靴もいいですが、いずれにせよ素足はよくありません。ストッキングや靴下を履いておきましょう。
(スリッパがあるときもあるけど、床の上をそのまま歩くこともあるので。)

伺う時間はいつ?

普通のご家庭でしたら、休日の午前中10~11、午後は2~4時ぐらいが丁度いい訪問時間ですよね。
お昼時(お食事時)は避けましょう。ただ、時間帯は各家庭の都合によるので、彼氏に決めてもらうのがいいですね。

滞在時間は長くて2時間ぐらいがいいと思います。

ご両親も緊張されています。ご自身も普段とは違うことをしますので、とても疲れてくると思います。
目的は挨拶であって長居することでもないので、初めての訪問は短か目でいいです。

退席するときは、「このあと、予定があります」と断ってもいいですし、「今日はこの辺で帰ります。」と理由なく席を立っても大丈夫です。

帰り際のマナー

最後は「今日はありがとうございました。」「お会いできて良かったです。」と挨拶をします。
長い間見送ってくれるご両親もいますので必ず一度は振り返って、お辞儀か手を振り返すなどの対応をすると良いでしょう。

まとめ

私は夫の両親に初めて挨拶するとき、お土産を持参しませんでした。
服装はチュニックにジーパンを選びました。礼儀作法も人並み程度でしたが、別に問題にならず、それどころか相手のご両親にはいろいろよくしていただきました。

相手を見ながら話し、自分らしさをどう伝えるかが大事な部分だと思います。落ち着いて頑張ればなんとかなるものですよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑