生卵のサルモネラ菌の確率は?賞味期限内なら卵かけご飯は大丈夫?

公開日: 

卵かけご飯、TKG美味しいですよねー。でも暑くなってくるとサルモネラ菌が心配!
梅雨から夏にかけては特に雑菌が繁殖しやすい気候になります。では生卵は控えた方がいいんでしょうか?あたる確率って高いの?

スポンサードリンク

生卵でサルモネラ菌にあたる確率は?

生卵全てがサルモネラ菌に汚染されているわけではないですし、サルモネラ菌による食中毒はかなりの量の菌を接種した場合に発症するものです。
サルモネラ菌は10℃以上で発育しやすく、20℃以上になるとかなり増殖しやすくなるので、冬季より夏季の方が増殖します。
また、時間が経てばその分菌が増殖するわけなのでリスクは高くなりますよね。

ただ、卵のサルモネラ菌は、卵の殻に付着した親鶏の糞便から感染するものがほとんどなので、殻を消毒すればサルモネラ菌にあたる確率はかなり低くなります。
そして現在日本で市販されている鶏卵は生食も想定しているので、出荷前に殺菌消毒されていることが殆どです。つまり、正しく管理していれば生卵でサルモネラ菌にあたる確率はかなり低いです。
(海外では卵は生で食べないので、これにあてはまりません。海外でうっかり生卵は食べない方がいいですよ。)

サルモネラ菌と生卵の賞味期限の関係

上記で生卵でサルモネラ菌に当たる確率は低いと書きましたが、賞味期限内であることが前提です。
卵に記載されている賞味期限は生食での賞味期限なので、それを過ぎるとたとえ冷蔵庫で保存していたとしても「生卵」として食べるには向いてないということです。
また、買って帰ったらすぐに冷蔵保存することで、サルモネラ菌の増殖を防ぐことができます。

スポンサードリンク

卵の殻を水で洗えば大丈夫という説もありますが、水で洗うと卵の表面にある抗菌作用(卵の殻は細菌を防ぐようになっています)がなくなってしまったり殻の気孔から水と一緒に雑菌が中に入ってしまったりで逆効果になるので、気になるなら布巾などで拭き取るのが望ましいです。割る直前に軽く洗うくらいならいいでしょう。

※卵を加熱して食べる場合は1ヶ月ほど大丈夫です。(卵って、腐ってる場合は割ったときに既に黄身が崩れていて、しかも悪臭がします。)
また、サルモネラ菌は加熱処理することで簡単に死滅します。熱処理には75℃で1分間以上、または65℃で5分以上と言われているので、生卵として食べたいときはこの方法は無理ですね。でも半熟ならいけるかも?(笑)

卵かけご飯はサルモネラ菌の汚染が心配?

卵かけご飯はもちろん生卵を使うのでサルモネラ菌にあたる可能性があります。ただし、正しく保管された状態で賞味期限内であれば食中毒になる確率はかなり低くなります。
でもやっぱり夏場は心配ですね。買ってきて家に帰るまでに結構暑くなってたりしますし。

食べる場合は、卵にヒビが入ってないか、割れてないかなどをしっかり確認して、できるだけ新鮮な卵で卵かけご飯にしましょう。
※当サイトでは責任は負えません。自己判断で食されて下さいね!

サルモネラん菌にあたった場合は食後12時間~24時間、遅くとも丸2日以内に発症することが殆どで、主な症状は腹痛、水下痢、発熱、嘔吐などです。下痢は1週間ほど続く場合が多いです。
高齢者や乳幼児は注意が必要です。うちは子供(7歳)には食べさせてません。

まとめ

何度も生卵食べてるのに全くあたらない人もいれば、たまに食べた1個であたってしまう人もいます。運もありますし、胃腸の強い弱いもあるかも知れません。
私は卵かけご飯大好きなので結構食べてますけど、やはり夏場は買ってきて3日以内のものにしています。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑