子供の浴衣どっちが上?着せ方と女の子の兵児帯の結び方

公開日:  最終更新日:2016/07/23

夏ですね。夏祭りに花火大会、盆踊り、祖父母や親族訪問、実家に帰省と、浴衣を着る機会が増えてきます。
間違えてると恥ずかしいので、ちゃんと覚えて、夏の間に気軽に着せてあげられるよう習得しちゃいましょう!
ということで、ママ必見!初心者さんのための子どもの浴衣着付けを動画とともに紹介します。

スポンサードリンク

子供の浴衣は左右どっちが上?

子供に限らず、男女にも限らず、浴衣や着物は通常は誰しもが「右前」です。これがややこしいんですよね。

右前というのは、着るときに自分から見て右側を先(=時間が前)に合わせるということ。または自分から見て右襟が「手前」に来るということ。
正面に向かって左襟が前に出るから「左前」と覚えちゃってる人も多いですね。(この解釈でも結果的に合ってるので間違いでは無いんですけど。)

要は、着るときに、自分から見て右側の前身ごろを先に身に着け、左をその上に持ってきて紐で締めるということです。

私はいつも混乱するので、着たときに、合わせ(襟元・懐)に自分の右手が入れやすい方と覚えています。
分かります?襟を合わせたところ(帯の上辺り)にお財布なんかを挟みますよね?それを、利き手である右手で出し入れしやすいように着る、ということです。左右が反対に合わさっていたら右手で取りにくいですよね。
(かと言って、左効きの人は左右を逆に着るというわけではありませんよー。)

もうひとつの覚え方として、着付ける人から見て「そ」の字になるということ。どういうことか、次の動画で確認して下さいね。

スポンサードリンク

子供の浴衣の着せ方で女の子のポイント【動画】

子供の浴衣はとても簡単です。お端折りはもとから縫い付けられてることが多いですし、衣紋を抜く(=うなじの下の首元の部分がガッツリ見えるようにすること)必要はありません。
右前に気を付ければ、後は紐で結んで帯を結ぶだけです。

こちらの動画が分かりやすいです。帯も可愛い結び方。

いきなりフレームインしてくる子が可愛いw

子供の浴衣は兵児帯の結び方がポイント

兵児帯(読み方:へこおび)は可愛い結び方のアレンジもあるんですが、子供が動いてるうちにずり落ちてくるんですよね。
そうすると何ともだらしない感じになってしまいます。いくら子どもとはいえ、親の責任でもあるので身だしなみはしっかりしておきたいものです。
なので、ずり落ちないように結ぶには、こちらの動画が参考になります。

ずり落ちない兵児帯の結び方

子供の浴衣の着せ方 まとめ

夏ならではの浴衣。子どもたちにも体験させてあげたいですよね。浴衣を着た子どもがいるだけで周りも明るくなるような気がします。
子どもにも気に入ってもらえるよう、上手に可愛く着せてあげてくださいね。

子供の兵児帯の結び方。かわいいアレンジで浴衣が引き立つ!
浴衣ヘアアレンジ簡単子供向け髪型ショートや髪が少ない場合は?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑