浜寺公園プールは持ち込み禁止?更衣室やスライダー身長制限は?

公開日: 

夏休みと言えばプール!家族で大阪府堺市にある浜寺公園のプールに行ってきました。
平日でしたが、その時の混雑状況や中の様子、飲食物の持ち込み規制、更衣室など、詳しい体験談をご紹介します。

私の中では総合的にポイントは高めでした!

スポンサードリンク

浜寺公園プール持ち込み可能?

浜寺公園プール基本情報はこちら>>浜寺公園プール期間と営業時間、割引料金やアクセス駐車場の詳細

浜寺公園のプールは府営プールということもあって、飲食物の持ち込みは特に禁止されていません。
夏のピクニックといった雰囲気で、お弁当やお菓子持ち込みも可能ですし、テントを持ち込んでいる家族も本当に多かったです。

私たちはテントは持ってなかったので、屋根の下のベンチ付近にレジャーシートを敷いてご飯を食べました。
敷地の隅の木陰になっているところや屋根付きのベンチは早い者勝ちなので、小さい子や赤ちゃんがいる場合はテント持参するのがいいですね。

浜寺公園プール内の売店について

お昼ご飯や軽食は、そこそこ良心的な値段(高くもなく安くもなく、といった感じです。)で売店で買うことができます。

フランクフルトやフライドポテトなどプール定番の軽食っぽいものから唐揚げや焼きそば、おにぎり、カレーなどご飯系もありました。
飲み物の自動販売機も充実していました。

あと、帰りに外に出たら、ゲートの前でかき氷屋さんがありました。アイスクリームもありました。
帰る前に食べて帰るのもいいですね。

浮き輪やビーチボール、水中メガネなどは更衣室前付近で販売されていました。
こちらもそこまで高い設定ではなかったので、すっかり忘れてたならここで買ってもいいかな、と思いました。
空気入れは売ってたかな?無料でどこかに設置しているのかな?その辺の確認はしていませんが見当たらなかったかなぁ、、、

浜寺公園プールの更衣室とロッカー事情

浜寺公園プールの更衣室は男女に完全に分かれていて(当たり前ですね。)、更衣室の中にはコインロッカーとシャワーがあります。ロッカーは1つ1回100円ですが、この100円は返却されます。
スポーツジムやスーパー銭湯ではありませんし値段も値段なので、中の設備や待遇にそこまで期待できませんんが、特に問題なく着替えることができました。

男女の更衣室は入口から別なので、お父さんとお母さん、子供たちとそれぞれ分かれる場合は荷物など前もって分けておくとスムーズに着替えられますよ。
入ってから「あ!パパの水着がこっちだ」とか「お金全部ママが持ってる」とか、ありがちですよね。(笑)

浜寺公園プールのスライダー身長制限

浜寺公園の目玉と言えばジャイアントスライダー。大型滑り台ですね。

スポンサードリンク

身長制限や年齢制限は特に無いようで、怖い物知らずの小学3年生の子供は1人で滑っていました。
3歳の下の子は親同伴で滑ることができました。

身長制限や年齢制限が無いとはいえ、着地点のプールは大人の腰くらいの水位はあるので3歳児1人では危険です。

それに、あまりに小さい赤ちゃん(1歳半くらいまで=私見です)は親が抱っこしても無理だと思います。
まぁ、乳児をわざわざ乗せようとは思わないでしょうけど(笑)

うちの子でも3歳とはいえ抱っこの手が離れたらどうしようとドキドキしましたし、最後にドボンとプールに落ちるとき、確実に子供も水に沈むんです。
なので、ドボンと落ちる瞬間に子供を高く抱っこして、なるべく水に沈まないようにしました。(子供本人はどちらにせよめっちゃ楽しそうでしたけどね。)

不安な場合は、まずは降りてきたところの深さや、他の子たちが滑ってくるのを見て確認してからの方がいいでしょう。
アームリング(腕の浮き輪)やライフジャケット型の胴衣など着けておくと安心です。

浜寺公園プールのスライダーの料金と混雑状況

プール内のジャイアントスライダーは別料金なんですが、1回100円と良心的。しかも、500円で6回分の回数券が買えます。
回数券は誰が使ってもいいので、家族や兄弟で使うなら回数券の方が断然お得ですね。

メインのプールの人はこれくらいまばら。混雑してるとは言えませんね。
夏休みの平日だったからか、ほとんど並ぶことなく(最大で5分くらい待ったくらい)滑ることができました。

うちは3歳の子の分も1回分払っていたのですが、今思えば幼児など小さい子は無料だったのかも知れません。
どなたか行かれた方は確認してみてください。

浜寺公園プールのルールと必需品

浜寺公園プールは1時間に1回ラジオ体操の時間があって、強制的に全員プールから出ないといけないんです。
これは良いな、と思いました。子供って親が言っても休憩したがらないですし、ついつい時間を忘れて遊び過ぎてしまいます。
ラジオ体操は強制ではありませんが、水から上がって休憩したり水分補給する良い機会となります。

水遊びは、身体が疲れてくると思わぬ事故を引き起こしかねません。
それに、屋外の炎天下なので熱中症にも気を付けなければなりません。体が水に入っていても注意が必要ですよ。
晴れの日は必ず、曇りでもできるだけ帽子を被っておくことをおススメします。

>>浜寺公園プール期間と営業時間、割引料金やアクセス駐車場の詳細

浜寺公園プールは持ち込み、更衣室やスライダー身長制限 まとめ

中に入って思ったのは、「あー、、、子供の頃に来た懐かしい感じ」でした。
私たち、電車で1時間掛けて行ったのですが、そこまでして来る感じの娯楽施設では無いな、と一瞬思いました。
やはり、最近は大型アミューズメント施設が多いですからね。

でも、子供たちはお構いなしで楽しめました。なんといっても夏休みなのに(平日でしたが)そんなに混雑してなかったこと。
やはり子連れはこういう場所の方が気が楽ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑