痩せやすい体質の作り方、太らない人の特徴は筋肉だけじゃない!

公開日:  最終更新日:2015/07/15

もう無理なダイエットはしたくないので、健康的に痩せたい。体質から変えれば痩せやすくなるのかな?食事?運動?そもそも、太らない人って何が違うんだろう。

そこで!痩せやすい体質の作り方や、無理なく効果的に脂肪を減らすコツをまとめました。太らない人はここが違うんです!

スポンサードリンク

痩せやすい体質の作り方は?

ダイエットする前に、まずは痩せやすい体質作りをすることがポイントです。
せっかくダイエットに成功しても、すぐにリバウンドしてしまったり、無理な食事制限や運動を続けなければなりません。

ならば、体質を改善した方が効率よくダイエットできるし、理想の体型を維持しやすいですよね。

では、”痩せる”というのはどういうことでしょう。

はい、身体の無駄な脂肪を落とすことから始まりますね。
ということは、無駄な脂肪が落ちやすい、そして脂肪が付きにくい身体にすることが第一歩になります。

そのためには、脂肪を燃焼させることです。
全く脂肪が無い食事だけを摂るなんて難しいですからね。どんな食生活でもある程度は脂肪分も入ってきますし。

そこで、、脂肪分を燃焼させる身体作りが必要になるんですね。

脂肪がつきにくい身体にするには?

脂肪を落とし、つきにくくするには、以下の条件を満たすことで効果が期待できます。

血行を良くする

血行が悪いと、身体のあちこちに不具合が出てくるのは周知の通りですよね。
血行を良くすることで血液の流れ、ひいては体のエネルギーの流れをよくし、新陳代謝を促します。

新陳代謝が良くなれば、脂肪も燃焼しやすくなります。

基礎代謝を上げる。

基礎代謝が高いということは、つまりは寝ている状態でも効率良く体が代謝し続けてくれているわけです。
そのためには基礎代謝を高める食生活と、適度な運動。

筋肉を付ける

筋肉は脂肪を燃やしてくれます。
無理な食事制限をして筋力が劣ると、体重は減りますが脂肪は減りません。むしろ、脂肪がつきやすく、落ちにくくなるので逆効果です。

ムキムキになるからと心配するかも知れませんが、本格的な筋トレでもしない限りそう簡単に女性がムキムキにはなることはありませんのでご安心を。

適度な運動やストレッチをする

筋肉を付け、血行を良くし、基礎代謝を高める、これら全てを賄うことができるのが運動やストレッチです。

冷房の効いた部屋で1日過ごすため血行は悪く、デスクワークで座りっぱなし、パソコンの画面で肩が凝っている、、、この状態で体は悲鳴を上げています。

朝のジョギングや寝る前のストレッチは効果的ですが、それ以外の時も、例えば仕事中でも意識的に全身を伸ばし、姿勢を正すようにしましょう。

スポンサードリンク

タンパク質をしっかり摂る

蛋白質を摂ると太ると思い、ダイエットのために必要以上に控える人もいますが、タンパク質って体に必要な栄養素で、体の代謝を上げてくれます。また、筋肉の元になるのもタンパク質です。

もちろん摂り過ぎは良くないですが、適度な食生活で摂取してる分ならどんどん筋肉になり脂肪を燃焼するのに消費されていきます。

理想は、高タンパク・低カロリーですね。

タンパク質の多い食べ物といえば、肉や魚などの動物性の食べ物や、豆類、卵、乳製品。
中でもお豆腐や納豆などの植物性タンパク質は低カロリーで高タンパクなのでおすすめです。

とはいえ、動物性のタンパク質には植物性のタンパク質に無い栄養素も含まれているので、偏ることなく上手に摂取するといいですね。

生理と体のリズムを上手に利用する

女性には、痩せやすい期間と痩せにくい期間というのがあり、それは生理と関係しているんです。
こちらを参考に⇒痩せやすいのは生理何日目?前と後でダイエットや運動効果の違いが!

太らない人の特徴

食べてるのに太らない。もうこれは体質としか言いようがないことってありますよね。

でも、遺伝的なこともありますが、よくよく観察してみると、例えば

運動量が多い。
基礎代謝が高い。
筋肉がある。
生活リズムが整っている。
必要な時に必要なだけ食べている。
スナック菓子など糖分が多くカロリーが高い物は食べていない。

などといった特徴があります。

私がこれまで見た中では、生活リズムが狂ったりストレスが多いと、女性は太る傾向にあります。(男性は逆に痩せる人が多いんですけどね。)

ストレスから無意識に暴飲暴食していたり、夜型の生活で質の良い睡眠が取れていないことも太る原因になっていますので、今一度生活習慣を見直して一つずつ改善していきましょう。

太りにくい体質は筋肉が違う?

筋肉があるかないか、だけではありません。
やはりトータルで、最終的に行き付く先は、基礎代謝でしょうね。

筋肉だけあっても太りにくいとは限りません。また、注意したいのは、筋肉は運動を止めると脂肪になります
せっかく筋肉を付けても、油断するとすぐに脂肪になるということを忘れてはいけません。

なので、筋肉だけに拘らず、食事、生活習慣、姿勢、運動、ストレス、睡眠、と全体的に意識するといいですよ。

まとめ

ダイエット(diet)とは、もともと食事、食事制限のことを指す言葉で、痩せることではありません。痩せよう痩せようと意識してるより、根本的に体質改善することに意識を向けるといいですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑