雨の日にベビーカーで電車、レインカバーのたたみ方、店内では?

公開日: 

小さい子ども連れで雨の日にお出掛けって困りますよね。周りにも気を遣うし、梅雨の時期なんて出掛けるのが億劫になります。
うちはもうすぐ2歳の子がいますが、抱っこ紐だけだと正直辛いし、かと言ってベビーカーは電車内やお店に入ったときレインカバーをどうすればいいのか、悩むところです。
そこで、雨の日のベビーカーお出掛け方法と、レインカバーの上手なたたみ方やコツをお教えします!

スポンサードリンク

雨の日のベビーカー電車やバスでお出かけ

片手で傘を差してベビーカーを押すのって、結構難しいんですよね。傘を首と肩の間に挟んで歩けば両手で押せますが、人に当たったりしやすいし何かと不便です。

ベビーカーにレインカバーを付けるのはもちろんなんですが、ママ自体はレインコートを着るべきか、傘をさすべきか悩むところです。
なので、傘スタンドというか、傘ホルダー(さすべえ)をベビーカーに取り付けると便利ですよ。雨がやんでもホルダーは付けたままでいいし。

 
で、ベビーカーのレインカバーは電車に乗ったら前面を開けておくと、子どもも蒸れなくていいですよ。
レインカバーには風通しをよくする通気口や一部メッシュがあるものがほとんどですが、車内に入ると急に温度が変わりますし、一瞬曇ることもありますから。それになんだか息苦しいような気もしません?

スポンサードリンク

子どもが閉めるのを嫌がる場合は、レインカバーの内側に気になるおもちゃか何かを付けておくと喜ぶかも知れません。
また、レインカバーから足だけ出ることもあるので、その場合は長くつを履かせてあげてもいいですし、私なら子供用カッパを洗濯ばさみえ取り付け延長します(笑)

ベビーカーのレインカバーの上手なたたみ方

レインカバーを付けたままベビーカーを折りたためるものもありますが、もう雨が止んだら外してたたんでおきたいですね。

まずは雨をササッと落として、できればタオルで軽く拭いてもいいでしょう。
レインカバーのタイプにもよりますが、基本的に端(縫い目になったる部分)を持ってピーンと引っ張ってまっすぐ伸ばしてから折りたたんでいけば大丈夫です。
要は、適当でもくしゃくしゃにならないよう(慌ててくしゃくしゃに折りたたむとしわがいくし、嵩張るので)にするといいですね。

レインカバーを入れる入れ物(専用袋でもスーパーのビニル袋でも)も忘れずに!

家に帰ったら、広げて乾かしてからまた畳みなおしておきましょうね。

ベビーカーのレインカバー店内ではどうする?

電車内と同じように、子どもが乗っている状態なら、前だけ開けておくといいですね。
また、子供が降りて食事したりする場合で、ベビーカーをたたまなくていいならレインカバーを外さずそのままでもいいですね。

いずれの場合も、床がびしょびしょになりそうなくらい雨で濡れていたら、パンパンと水気を払って、必要ならタオルで軽くふいておくといいですよ。
傘は入口に傘用ビニルが置いてあるお店もありますが、ベビーカー用は無いですしね。

まとめ

慣れるまでは大変ですが、子どもが小さい今だけと思って乗り切って下さいね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑