梅酒の梅の選び方、アク抜き必要じゃない?いつ取り出すのがいい?

公開日: 

6月に入ると梅の収穫期を迎えるのでスーパーなどでも売り出し始めます。今年こそは美味しい梅酒を浸けたーい!というあなた。

梅の選び方やアク抜きの仕方、梅を取り出す時期など間違えた解釈をしていませんか?

梅酒作り自体は簡単ですが、よりオリジナルで質の良い自家製梅酒を作るポイントがあります。
以下の点を確認してみましょう!

スポンサードリンク

梅酒に使う梅の選び方・完熟か青梅か?

梅酒に使う梅は、一般的には青梅。まだ熟していない、青くて固い梅が良いです。(梅干しを作るときはは完熟梅ですけどね。)

ただ、熟した梅では作れないというわけではありません。
むしろ完熟梅ならではの甘味が出るのでお砂糖も控え目で作れますし、それはそれで香りある梅酒になりますよ。
梅酒好きでたくさん飲むなら、両方作って飲み比べしてもいいですね。

でも、青梅か完熟かよりも大事なのは新鮮で傷がついてないこと
傷んでいるのはもちろんダメですし、傷やへこみがある物も避けておきましょう。
できれば買ってきたその日に作る、または「今日作るぞ」と決めた日に買いに行くといいですね。

梅酒のアク抜きは必要ない?忘れた場合は?

梅酒を作る最初の工程に「あく抜き」があります。
よく「一晩水に浸ける」と書かれたレシピを見掛けますが、一晩って何時間?ですよね。

実はこのアク抜き、不要とまではいいませんが、忘れたとしてもさほど問題ありません。

アク抜きするのは、微妙な苦味やエグ味が出てくるからなんですが、これは梅が青いほど出てきます。
なので水に浸けるのは青梅の状態で3~4時間ほどで十分だと思います。浸けすぎは茶色くなる元なので注意してください。

アク抜きをしたら梅が茶色くなったり白くふやけたようになったという原因のほとんどは、梅が傷んでいたり、熟した梅だったりするので、できればアク抜き中は梅の様子を1時間ごとくらいに見るといいですよ。

梅が熟しているほど水に浸ける時間は短くていいです。完熟梅の場合はサッと水で洗う程度でいいでしょう。
私は少しでも熟していればアク抜きしないです。水に浸けると梅の旨みや成分が出ちゃうような気がするんですよね。(根拠はありません。私の気分的なものです。)

スポンサードリンク

※茶色くなった梅は残念ながら使っても美味しい梅酒は期待できないので、茶色い部分を取り除いてジャムにでもしちゃいましょう。

そして!大事なのはアク抜きの後です。水から上げたらしっかり乾かすことがポイントです。
アク抜きしない場合も、洗ったあとはしっかり乾かしてください。
乾かすと言っても天日干しするわけではありません。キッチンペーパーなどでしっかり水切りして室内で少し置き、表面を完全に乾かすようにしましょう。

梅酒の梅の実はいつ取り出すのがベスト?

梅のエキスは3ヵ月ほどでほぼ抽出されしぼんでくるので、飲むことができます。
(梅に穴を開けた場合はしぼまずふっくらしたままですので、しぼむかどうかはひとつの目安程度に考えてくださいね。)

砂糖を控え目にした場合は少し長めに熟成させるといいです。
梅酒は長く浸ければ付けるほど味に変化があり、コクも出てきます。

で、梅はいつまで浸けておくかと言えば、これもいつでもいいと言えばいいんです。

でも、見た目がいいので(笑)私は取り出さないですね。好みですが、食べても美味しいし。
お客さんに出すときなどは、グラスに梅を一緒に入れると自家製ならではでオシャレですよねー。

梅を入れっぱなしにしておくと梅酒が濁ってきたり、出たエキスがまた梅に戻ったり、
そういう理由で取り出した方がいいというだけで、これが悪いというわけではありません。

むしろ種の成分まで出てきて身体に良いという説まであるくらいです。
なので、実を食べるのが好きな人は入れっぱなしにして、好きな時に食べるといいですね。

それで、入れっぱなしにしておいて、1年経って次の梅酒を作るときに取り出してジャムにしても美味しいですよ。
(加熱するとアルコール分は飛ぶので大丈夫です。)

まとめ

せっかく自分で作る梅酒、作った後は放置するだけなので仕込み時にしっかりポイントを押さえておきましょうね。
美味しい梅酒が出来上がる3ヵ月~半年後が楽しみです!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑